眼瞼下垂 | 北九州 小倉の美容外科 美容皮膚科 形成外科  さくらビューティクリニック

MENU
093-522-0050 (10:00~19:00 | 完全予約制)

顔(フェイス)

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、加齢とともにまぶたの筋肉が緩んできたりして、十分にまぶたが開かない状態のことで、腱膜性眼瞼下垂(後天性眼瞼下垂)と呼ばれています。
生まれつきまぶたがしっかり開かない、先天性の眼瞼下垂もありますが、最近ではコンタクトレンズの長期使用や、パソコンなどによる目の酷使、まぶたをよくこする、などによって、腱膜性眼瞼下垂が増えてきているようです。

眼瞼下垂の主な症状

眼瞼下垂の治療方法

治療の流れ(挙筋腱膜前転術)

STEP01デザイン

下垂の状態を確認し、切除する範囲をマーキングします。

STEP02麻酔

局所麻酔を行います。

STEP03手術

二重のライン上で皮膚を切開し、ゆるんだ挙筋腱膜を瞼板に固定します。目の開き具合を確認しながら、慎重に行っていきます。老人性眼瞼下垂など、まぶたにたるみがある場合は、余分な皮膚も切除します。髪の毛よりも細い透明な糸で、細かく縫合して終了です。

術後の経過(挙筋腱膜前転術)

  • 当日

    出来るだけ安静を心がけて下さい。洗顔とシャワーは、翌日からになります。

  • 5日~7日後

    抜糸を行います。抜糸の翌日から、入浴やメイクが可能です。

施術について

切らない眼瞼下垂手術

施術時間 10分
通院回数 なし
痛み 点眼麻酔と局所麻酔を併用
メイク 可(目元は翌日)
洗顔 翌日より可
シャワー
入浴 翌日より可
コンタクト 3日後から可

挙筋前転術(挙筋腱膜前転術)

施術時間 60~90分
通院回数 5~7日後の抜糸に1回
痛み 点眼麻酔と局所麻酔を併用
メイク 翌日より可(目元は抜糸の翌日)
洗顔 翌日より可
シャワー 翌日より可
入浴 翌日より可
コンタクト 抜糸後から可

料金

切らない眼瞼下垂手術

両目 200,000円(216,000円)
片目 100,000円(108,000円)

挙筋腱膜前転術

両目 400,000円(432,000円)

休診日カレンダー

休診日カレンダー

お悩み別カテゴリ