東大式トレチノイン療法 | ホームケア | 北九州 小倉の美容外科 美容皮膚科 形成外科  さくらビューティクリニック

MENU
093-522-0050 (10:00~19:00 | 完全予約制)

ホームケア

東大式トレチノイン療法

この塗り薬による治療では、お肌の細胞を健康にする為に不可欠なビタミンA誘導体のトレチノインと、強力な漂白作用のあるハイドロキノンを使用。トレチノインが表皮の古い角質を取り除き、肌の再生を促進するため、メラニン色素をスムーズに排出。同時にハイドロキノンがメラニン色素の生成を抑えるため、皮膚の色調・色むらを改善し、シミ・色素沈着などに効果があります。また、皮脂線の働き・皮脂の分泌を抑えられるため、ニキビ改善にも有効です。トレチノイン・ハイドロキノン・吸収型VCローションの3つを効果的に使用し、お肌のトラブルを改善していきます。

トレチノインとは?

当院では東大式トレチノイン療法を行っております。
トレチノインとは、ビタミンA(レチノール)の誘導体で、ビタミンA(レチノール)の50~100倍の生理活性を持っています。トレチノイン(レチノイン酸)は米国ではしわ・にきびの治療医薬品として、FDAに認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。もともと血液中に、ごく微量に流れているものなので、アレルギー反応を起こすということがありません。この肌再生効果のあるトレチノインと、強力な漂白作用のあるハイドロキノン、美白効果のある吸収型ビタミンCローションを組み合わせて治療を進めていきます。
また最近では、化粧品会社からレチノールやレチニールエステル配合のクリームが市販されていますが、当院で使っているトレチノインの100分の1程度の生理作用しかないために、効果は期待できません。

トレチノインの効果

  • 皮膚の角質をはがす

  • 表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促す
    その際、表皮の深い層にあるメラニン色素を、外に押し出します

  • 皮脂の分泌を抑える

  • コラーゲンの分泌を高め、皮膚の張り、小じわの改善をもたらす

  • 表皮内の粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくする

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとはメラニンの生成を抑える成分で、メラニン生成の原因となる「チロシナーゼ」という酵素の活動を抑え、現在あるシミだけでなくメラニン色素が生まれること自体を予防する働きがあります。
トレチノインでメラニン色素を外に押し出し、ハイドロキノンで新しいメラニン色素の生成を予防します。
一般的な美白化粧品に使用される美白成分の、アルブチンやコウジ酸に比べて、約100倍の効能があるといわれています。

吸収型ビタミンCローションとは?

トレチノイン、ハイドロキノンと一緒に使用することにより美白の相乗効果が得られます。
詳しくはこちら

こんなお悩みに適しています

注意事項

  • ・ トレチノインは必ず冷蔵庫で保存してください。
  • ・ トレチノインは分解が早いので、1カ月を目安に新しいものをご購入下さい。
  • ・ 治療中は乾燥しやすくなりますので、十分な保湿が必要です。
  • ・ 紫外線の影響を受けやすいため、しっかりとしたUV対策を心がけてください。
  • ・ 妊娠中の使用は避けるようにしてください。

料金

初回セット

14,000円(15,120円)

診察料、指導、トレチノイン、ハイドロキノン
吸収型VC(ビタミンC) ローションを含む

トレチノイン5g

0.025%、0.05%、0.1% 各6,000円(各6,480円)
0.2%、0.4% 各7,000円(各7,560円)

休診日カレンダー

休診日カレンダー

お悩み別カテゴリ