レーザートーニング | 北九州 小倉の美容外科 美容皮膚科 形成外科  さくらビューティクリニック

MENU
093-522-0050 (10:00~19:00 | 完全予約制)
レーザートーニング

レーザートーニングは、レーザーを使った最新の肝斑治療です。これまでは、肝斑にはレーザー治療は禁忌とされていましたが、最新のQスイッチYAGレーザーの登場により、安全で確実な肝斑の治療が、可能になりました。今までの肝斑治療で、改善しなかった方にも効果を発揮します。
また、さくらでは肝斑の内服薬と最近注目されている高濃度ビタミンC点滴療法(メガビタミン療法)を併用し、短期間で集中して確実に肝斑が治療できる「肝斑短期改善プログラム」をお勧めしております。

肝斑短期改善プログラムはこちら

レーザートーニングの特徴

  • 今まで何をやっても効果のなかった難治性の肝斑にも有効

  • 毛穴の開きやくすみにも効果的

  • 痛みもほとんどなく、直後よりメイク可能

  • 回数を重ねるごとに、透明感が出てツルツルに

  • トラネキサム酸のイオン導入で美白効果促進

  • 内服薬と高濃度ビタミンC点滴の併用で、さらに効果がアップ

これまでの肝斑治療

通常、シミの治療に威力を発揮するレーザーですが、肝斑の場合は、その刺激により、炎症後に色素沈着を引き起こすので、禁忌とされてきました。そのためピーリングや、フォトフェイシャルなどのIPL治療、ビタミンC・トラネキサム酸の内服や外用、超音波・イオン導入などを、長期にわたって継続し、症状を改善させることしか出来ませんでした。

レーザートーニングとは?

肝斑治療が可能になった、全く新しいレーザー治療です。

“レーザートーニング”で、もっとも重要なのは、レーザーが照射される形です。従来のQスイッチYAGレーザーでは、レーザービームの真ん中のエネルギーがいちばん高くなり、端にいくほど弱くなります(ガウシアン型)。

しかし、パワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザーでは肝斑治療に適していませんでした。

今回導入した「VRMⅢ」は、レーザーが均一に照射されるので(トップハット型)、効果的で確実な“レーザートーニング”による肝斑治療が可能になったのです。肌に炎症を起こさせないくらいの、弱いパワーでレーザーを照射し、肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンを、少しずつ壊していくことで、安全で確実に肝斑を治療します。

トップハット型

レーザーのパワーが均一で安全に治療出来る

ガウシアン型

従来のQスイッチYAGレーザー。
パワーにムラがあるため肝斑が
悪化する可能性がある

症例写真

肝斑短期プログラム

施術について

施術時間 ・レーザートーニング→10分
・レーザートーニング+トラネキサム酸のイオン導入+海藻ミネラルパック→60分
通院回数 2週に1回が目安、5回くらいが理想的です。
痛み ほとんどなし
メイク
洗顔
シャワー

こんなお悩みに適しています

おすすめの施術の組み合わせ

料金

レーザートーニングのみ

(美白、毛穴の引き締め、くすみにも効果があるのでお顔全体に照射します)

全顔 1回 16,000円(17,280円)
両ホホ(肝斑部のみ) 1回 10,000円(10,800円)

レーザートーニング(全顔)+トラネキサム酸のイオン導入+海藻ミネラルパック

1回 20,000円(21,600円)
5回 90,000円(97,200円)
10%OFF

肝斑の内服薬

1ヶ月分 6,000円(6,480円)

※肝斑は、健康保険の適用外です。

高濃度ビタミンC点滴(メガビタミン療法)

12.5g(12,500mg)1回 10,000円(10,800円)
25g(25,000mg)1回 15,000円(16,200円)

当院では、レーザートーニングを使用し、短期間で集中して確実に肝斑が治療できる「肝斑短期改善プログラム」を行っております

当院では、レーザートーニングを使用し、短期間で集中して確実に肝斑が治療できる「肝斑短期改善プログラム」を行っております。

肝斑短期改善プログラムはこちら

この施術に関するブログ

記事はまだありません。

美肌に関するブログ

記事はまだありません。

休診日カレンダー

休診日カレンダー

お悩み別カテゴリ