埋没法(瞼板上端固定法) | 北九州 小倉の美容外科 美容皮膚科 形成外科  さくらビューティクリニック

MENU
093-522-0050 (10:00~19:00 | 完全予約制)
埋没法(瞼板上端固定法)

さくらビューティクリニックでは、瞼板上端固定法(けんばんじょうたんこていほう)という最新の埋没法を行っています。二重まぶたには、目尻にいくにしたがい徐々に広くなる「末広型」と、ぱっちりとした印象の「平行型」があります。

当院では、カウンセリングの際にご希望のラインをお聞きして、ご本人のまぶたで実際にイメージに合った二重を提案しながら、一緒にラインを決めていきます。

埋没法とは?

埋没法には、大きく分けて3種類の方法があります。

瞼板固定法

従来から行われている一般的な埋没法で、瞼板という硬い板状の組織に固定糸をかける方法です。腫れが少ないという宣伝で、多くの美容外科で行われています。
欠点は、結膜側に糸が露出してしまうために、角膜を傷つけてしまうおそれがあります。

挙筋固定法

瞼板に固定しないで、眼瞼挙筋に固定糸をかける方法です。ラインが比較的はっきりと入りますが、術後の腫れが強く出る傾向や、一時的な眼瞼下垂を起こすことがあります。

瞼板上端固定法

瞼板と挙筋の中間の位置に固定する方法です。瞼板側には全く糸を出さないため、安全性も高く、自然で戻りにくい二重になります。この方法は 、挙筋固定法のようにクッキリとしたラインを作りやすく、挙筋固定法で稀に見られる眼瞼下垂を回避することができます。糸を、完全にまぶたの下に埋没させるので、角膜を傷つけたりする心配もありません。

さくらの瞼板上端固定法のメリット

腫れが少ない

埋没法は切ったりする方法に比べ、比較的腫れの少ないことが特徴ですが、さくらの瞼板上端固定法は、独自の技術で更に改良を重ね、さらに髪の毛よりも細い超極細のわずか0.06mmの糸を使用するので、手術後の腫れはわずかです。麻酔をするので全く腫れないということはありませんが、麻酔の量も、まぶたにピンポイントで少量しか行いませんので、従来よりも腫れをおさえることが可能になりました。

自然で元に戻りにくい

同じ瞼板上端固定法でも、1本の糸で1点留め、1本の糸で3ヶ所を固定するクリニックもありますが、当院では2本の糸を使った4点留め法をオススメしています。こうすることで、さらに元に戻りにくくなり、まぶたの腫れぼったい方や、他院で切開法を勧められた方などにも、幅広く対応出来ます。

痛みが少ない

手術を行う前に、まず麻酔効果のある点眼薬を使ってから、部分的に麻酔するので、痛みは心配ありません。

角膜を傷つけない

瞼板固定法のように、結膜側に糸が露出しないので、角膜を傷つけることはありません。糸はまぶたの中に、完全に埋没します。

修正や変更が可能

手術後、元に戻したり、ラインの修正も可能です。

タルミが目立たなくなる

年とともに、目尻が狭くなったような方でも切らずに、タルミを目立たなくすることが可能です。

他院で切らなければ無理といわれた方、希望通りにならなかった方も、ぜひご相談下さい。
無料メール相談はこちら
カウンセリング予約はこちら

症例写真

施術について

施術時間 10分
通院回数 なし
痛み 点眼麻酔と局所麻酔を併用
メイク 可(目元は翌日)
洗顔 翌日より可
シャワー
入浴 翌日より可
コンタクト 3日後から可

料金

埋没法(1本3点留め)

両目 60,000円(64,800円)
片目 40,000円(43,200円)

おすすめ埋没法(2本4点留め)

※まぶたの腫れぼったい方、タルミのある方
元に戻りにくい方法をご希望の方

両目 80,000円(86,400円)
片目 50,000円(54,000円)

埋没法(3本6点留め)

※特にまぶたのタルミが強い方

両目 100,000円(108,000円)
片目 60,000円(64,800円)

埋没法+まぶたの脂肪取り

両目 上記埋没法に +100,000円
片目 上記埋没法に +60,000円

休診日カレンダー

休診日カレンダー

お悩み別カテゴリ